« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月18日 (木)

夏の怪談@新橋演舞場

夏の夜に、歌舞伎を見てきました。
仕事を早めに切り上げ新橋へ。

「浴衣を着ていこう!」という企画があったのですが、残念ながら仕事があったため洋服で。(友人5人中1人だけ浴衣。ごめん。。裏切りですね。。でも浴衣で夏の夕方に歌舞伎を見る姿は素敵でした!)

見たのは、

夏の怪談@新橋演舞場

八月花形歌舞伎の第三部
「宿の月」
「怪談乳房榎」

「怪談乳房榎」とても面白かったです!中村勘太郎さんが四役演じていて、早変わりはスゴイの一言。
「どうやってるんだろう??」
と不思議になるほど早いんです。どうやって着物やカツラを変えてるのか。。

久しぶりに見た歌舞伎でしたが、こんなに面白いならまた見たい。

ちなみに、休憩時間に食べた「小倉アイス最中」も美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

蜩(ひぐらし)

蜩(ひぐらし)
仕事の気分転換も兼ねて、近所を散歩しました。

通り過ぎた大学の林のような校庭から蜩の鳴き声が。

8日の立秋も過ぎて、暦の上では秋ですが、日常には全然そんな気配もないですよね。でも蜩は8月の季語なので、秋の始まりを知らせてくれる声なのかも知れませんね。

終わってしまう夏を惜しむかのような音色が、いつまでも聴き入っていたいぐらい美しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

7月のお茶

7月の最終週にお茶のお稽古をしました。

7月のお点前「葉蓋」をしました。201107_1_2水指の蓋が大きな葉になっています。大きな葉がさわやかで涼しげですよね。
写真ではちょっと葉が乾いちゃっていますが、さっと濡らしたり、水滴を散らしたりするともっと清涼感があります。

本来は梶の葉を使用するそうですが、口が隠れる葉なら何でもOKです。
でも昔、紫陽花の葉は毒があるからダメだと言われました。水指の水をお釜に入れたりするので、気をつけましょう!今回のお稽古で使ったのは、桑の葉です。

梶の葉を使うのは、七夕にちなんでです。昔は梶の葉に短冊の代わりに墨で文字を書いていたそうです。墨を弾かない葉なんですって。七夕の季節モチーフなんですね。そういえば、先日お伺いした私の先生の所のお菓子は、梶の葉の形をした練りきりでした。

そうそう、今回使用したお菓子はこちら
201107_2
花園饅頭のくず饅頭です。
ちなみに、なぜ赤く透けているかというと、餡がトマト味なんです!夏野菜のトマトを使ったちょっと変わったお菓子でした。ガラスの器に盛りつけると涼しげですね。

道具の工夫で、視覚からさわやかな清涼感をもたらす。ちょっとしたことで、結構変わるから面白いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年9月 »