« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月29日 (火)

一月の床の間

先日、2013年の初稽古をしました。

一月も終わりだったので、世の中はすっかり通常モードですが、ちょっとお正月の気分を思い出すような床の間の設えにしました。

こんな感じです。
01
どのあたりがお正月気分かと言うと、

末広(扇)が松と太陽の絵で:松
02

香合が石に竹の彫刻:竹

03

お花が椿と蠟梅:梅
04

で、「松竹梅」。

ふと、なぜ松竹梅がお祝い事に使われるかを、調べたら元々は中国から伝わってきているものでした。

中国ではこの3種を「松竹梅」と呼ばず、「歳寒三友(さいかんのさんゆう)」と呼ぶそう。

松と竹は寒い時期にも青さを保ち、梅は寒い時期に花が咲く。それが「清廉潔白・節操」

の文人の理想を表現したもの。

日本で使われているお祝いの意味は余りないみたい。中国の絵画で松竹梅はモチーフとして使われていることも多いけど、「お祝い」の意味合いではなく「人格の高さ」みたいな物を表現するために使われていたのですね。

今年もお稽古頑張ります!よろしくお願いします。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

着物×レインブーツ

01

先日の東京での大雪。私が通っているお稽古先の初釜でした。着物外出で大雪は初めての経験。

今年は私が濃茶を点てる担当だったので、紋付の色無地で袋帯を着用する必要がありました。初釜ですしね。

前日の天気予報で「大荒れ。見た目やコーディネートはあきらめてレインブーツを。しかし私の持っているレインブーツはレオパード柄。。でも、しょうがない!履きました。

レインコートが黒っぽいチェックの柄だったので、一見「洋装のロングコート?」に見えるのが救いでした。とはいえ怪しい(新しい?)ファッションだったな。

でも、夜6時の帰り道は、そんな恥ずかしさも吹き飛ぶほど、長靴に助けられました。足が濡れなかったので、風邪も引かなかったし。

着物×レインブーツは正解でした。
次回レインブーツを買う時は、そういう時のために、多少地味目な柄にしておこっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

道具の紐の結び方

実家のお茶室で道具の出し入れをしていた際、

気づいた事がありました。
私、紐の結び方をちゃんと調べた事がなかった。

早速、本とウェブでさがして、結び方を見ると。。
微妙に間違えて覚えていました(汗)。良い機会だったので、おさらいしました。
そして、今回調べてみて知ったのですが、結び方はお茶の家元によって微妙に違うみたいです。理由は盗難防止の為だそう。

箱の大きさによって何種類かありますが、
よく使うのは、お茶碗や茶入れ等の大きさ
01

この結び方と

02

掛軸の結び方

ちゃんと覚えておこうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

寒い時期のお菓子

寒の入りで、冬も本格化ですね。この時期、お菓子も温かくいただくのが美味しいです。

薯蕷(じょうよ)万頭は温めて食べるのがおすすめです。山芋、大和芋等を皮に練り込んでいるので、

蒸し器でちょっと加熱をすると、皮がふわっとして、美味しさ倍増!(餡はとっても熱いので、気をつけてくださいね)

お土産屋さんの前にある蒸篭の温泉饅頭のようなものです。酒饅頭も温めると美味しい。

最近私は、焼きパイナップルケーキがお気に入り。台湾で買って来たパイナップルケーキをトースターで2分。焼きたてのように食べるのが好きです。

2013_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

2013年あけましておめでとうございます

2013年あけましておめでとうございます。
今年も、お茶の事もっと楽しくなるようにしたいと思っています!
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、おせち作りにトライ。

私のお茶の先生は皆、料理上手。懐石料理教室に通っていたりして、料亭で出されるような料理を作る事ができました。先生のお宅でいただく黒豆は、ほろっとやわらかく、おいしかったなぁ。。

今回は全部作るのは大変なので、「祝い肴」の三種のみ。
>黒豆
>数の子
>田作り

参考にしたのは辰巳芳子
さんのレシピ。使う調味料がとってもシンプル。
作ってみて反省点が何個かありましたが、まあまあ、かな。来年に向けて修正点を洗い出して、今年の年末にリベンジします!

2013_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »