« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月24日 (水)

師走のお菓子

1202

先日のお茶で使ったお菓子です。葉の上にキラキラした粉があしらわれています。空気が冷たくなり、霜の着いた様子でしょうかね。

このお菓子は鶴屋吉信で、銘が庭小槌。お正月飾りに使われる千両や万両を宝にみたてて、庭の植物に実がなっている様子からの銘なのだそう。

葉の上の、クリーム色の実は赤に色づいていないので、「1月までもう少し。」という時間の表現かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

東京で干し柿

1201

母の友人が作ったおいしい干し柿。自然豊かな地方の大きな一軒家で、干し柿がたくさん吊るしてある、なつかしい風景を思い起こさせる味。

「あー、こういうのを作れる環境っていいなー」と勝手に思っていたら、実は東京の住宅でベランダ干して作ったそう。

作り方は、干し柿用の柿を用意。皮をむき、一度熱湯につけ、外に干す。あとは、乾燥した外気とお日様にお任せ。

それを聞いたあと、実家の東京多摩あたりのベランダを見ると、紐に吊された柿がチラホラ。でも、いま住んでいる千葉県浦安あたりではほとんど見かけません。

海が近いと干し柿には向いてないのかしら?
それとも世代が若くて干し柿に興味がないのかしら?

近所で一番に、ベランダ干し柿をチャレンジしてみたい!
出来れば早めに。。。

写真は、以前お稽古で使った、京都甘春堂さんの「柿もち」というお菓子です。干し柿そっくりかと思って、ちょっと登場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »