« 東京で干し柿 | トップページ | 五角形と六角形の意味 »

2014年12月24日 (水)

師走のお菓子

1202

先日のお茶で使ったお菓子です。葉の上にキラキラした粉があしらわれています。空気が冷たくなり、霜の着いた様子でしょうかね。

このお菓子は鶴屋吉信で、銘が庭小槌。お正月飾りに使われる千両や万両を宝にみたてて、庭の植物に実がなっている様子からの銘なのだそう。

葉の上の、クリーム色の実は赤に色づいていないので、「1月までもう少し。」という時間の表現かな。

|

« 東京で干し柿 | トップページ | 五角形と六角形の意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走のお菓子:

« 東京で干し柿 | トップページ | 五角形と六角形の意味 »